片付いた部屋で暮らすために必要な3つのこと




 

ナチュラルインテリア

部屋が片付かない! と嘆くその前に出来ることについての考察。
片付かないのは収納スペースに対して物が多すぎるから。
または収納する場所が決まっていないから。

ではどうすれば片付いた部屋を保てるか今日は考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

LIMIAでライターを始めました。
他のキュレーションサイトと違い、専門家が沢山います。
おしゃれなインテリアやDIYなど暮らしに関するポストがたくさんあるのでおすすめ。

(クリックすると公式サイトへ飛びます。)

片付いた部屋で暮らすには

見せる・しまうのメリハリが大事なのではないでしょうか。
ここのコーナーを綺麗にしたい、オシャレにしたいと思った時、まず全部物を片付けてみる。
それから少なめに飾るとスッキリ感を残したインテリアになりますよね。

 

1つ買ったら1つ捨てる

物を買うときに1つ買ったら1つ捨てるとよく言われます。
必ずそうしなければという意識は私にはありませんが、目安になりますね。
そして、買ってから捨てるのではなく、捨ててから買うようにしています。

 

また、買ったものをしまうべき場所に余裕を持ってしまえない場合は
古いもの、使っていないものから順に処分します。

でもその前に大事なのは「必要のないものを買わないこと

 

買うものを厳選する

無印良品

欲しいなと思ったものを全部買ってしまっては片付くものも片付きません。
それが本当に必要なものなのか、家にあるもので代用できないのかを考えたいです。

 

それから今年の私のちょっと笑える目標でもあるのですが、元を取ること。

 

元を取っていこう

たとえば、ジャケ買いしてしまった可愛いノート。
クリアファイルなどの文具ってしまったまま増えてしまったり、

ルクルーゼやイッタラ、ウエッジウッド等の洋食器は他の食器より出番が少なかったり。
大事に飾っておくよりも、購入品を責任をもって使いこんでいくと、自然に入れ替えのサイクルに乗り、ため込みすぎを防げます。

元を取れているなーと思えれば、次回の購入時にこう思える日が来るかもしれません。
「これはよく使うものだからもう少し良いものを買おう

大切にできるものは高くても長く気に入って使えるものを必要な分だけ。
見渡せばすべてお気に入り。
そんな生活が目標です。

 

使い切り実践中

実は私はキャラクターものが好きで、ついついノートを買う癖があります。
ゆるきゃらやアニメなどジャンルは様々。
使いもしないのにコレクションをしていました。

もう売っていないからと箱に大事に閉まっていたのですが、
ようやく使うことにしました。

以前気に入って購入したノートはもちろん今も可愛いと思うけれど、もう一度同じものを買いますか?と聞かれるときっと違うものを選ぶと思うので。。。
大好きなうちに使う方が良いはずです。

 

箱の中のノートが全てなくなればまた新しい物を少し買い揃えばよい。
そんな気持ちでストックを消費しています。

スポンサーリンク

関連コンテンツ



About diycaferoom 261 Articles
100均やIKEA、タイガーコペンハーゲンなど安価で可愛い男前雑貨と、diyでカフェのようなお部屋作りを目指しています。ナチュラルと男前の中間地点でシンプルカッコイイ雰囲気。作り方やアイテムの詳細など皆さんと共有できると嬉しいです。