洋服を増やし過ぎないためにするたった3つの事

増え行くお洋服。
欲しいだけ買うだけでは家が片付きませんよね。

そこで、賢くお買い物をする方法と、収納の仕方などを今日はご紹介したいと思います。

 

洋服 吊るし収納の現状

我が家は洋服を吊るして収納できるクローゼットが4つあります。
ですが、洋服は出来るだけ1つの部屋にまとめたいので、基本的に吊るし収納は1つのクローゼットを2人で使っています。

どうしてもかけきれなかった、普段着ない物のみ別の部屋の予備クローゼットを1つ使って収納していました。
この度予備クローゼットに使っていた突っ張り棒が重さに耐えきれず落ちまして・・・・。
どうした物かと考えていました。

 

思い切って断捨離

予備クローゼットに新しくつっぱり棒を買う、いかに落ちないように支えるかなどいろいろ検討しましたが、結局ここに行き着きました。

  • 着ていない服を収納しておく必要があるのか
  • この先本当に着る機会があるのか
  • 収納するための道具を買い足す必要があるのか

答えはNOです。

 

これには家族の了承も必要でした。
私がやってみたことはこうです。

  • 私が断捨離する姿を見せる
  • 収納していた服を着せてみる

こうすることで思いのほかあっさりと「要らない」と言われたので捨てる運びとなりました。

 

必要な枚数だけ持つ

洋服はよっぽど同じものを何度も着ない限り穴が開いたり目に見えて捨てようと思える状態にならないことが多いので、増えます。
これは仕方がない事ですので、出来るだけ買わないように心がけてはいますが女子には特に簡単なことではありません。

というわけで数年前から私は買うお洋服の単価を上げました。
そう簡単にほいほい増やせない金額の服を買い、大事にしたいものを選ぶようにしています。
これで少し、箪笥に余裕が出来た気がします。

 

衣替えをしなくて良いようにする

我が家は衣替えはしません。
夏服も冬服も同じ箪笥、クローゼットに収納しています。
これで年2回の衣替えは家事からなくなります。

そして、箪笥に入る分だけ服を持つ。
入らなくなったら着ていないものを売ったり捨てたりして余裕を作るようにしています。

 

 

安い!だけで買わない事

セールの時期は特に、値段だけを見てお洋服を買いがちです。
でもそんなときはよく考えましょう。

  • 本当に着るのか
  • どうして値下がりしているのか

一度お店を出てしばらくしても欲しかったら買えばよいのではないかなと思います。

 

お洋服の処分方法

  • ゴミの日に出す
  • セカンドハンドストアに売りに行く
  • ネット買取で販売する
  • メルカリなどで売る
  • フリーマーケットに出す

等の方法があります。

私は捨ててしまうか、量が多ければ中古の買取店に持ち込みます。
以前大きく断捨離をしたときはネット買取を利用しました。

 

簡単になんでも引き取ってくれるところがありがたいです⇒

メンズファッション強化買取実施中!

 

いかがでしたでしょうか。
物を収納するスペースを先にここだけと決めてしまう
持つ量をこれだけと決めてしまうことで増やし過ぎを防ぐことが出来ます。

 

まずは量を決め、場所を決めて、そこからあふれた分を断捨離してみませんか?
埋もれて見えていなかったお洋服に出会えたり、スッキリした気持ちになれます。

年内に綺麗に片付くと良いですね。

スポンサーリンク



IKEA商品を使った収納アイディア(画像をクリックでイケア特集へ)




About diycaferoom 212 Articles
100均やIKEA、タイガーコペンハーゲンなど安価で可愛い男前雑貨と、diyでカフェのようなお部屋作りを目指しています。ナチュラルと男前の中間地点でシンプルカッコイイ雰囲気。作り方やアイテムの詳細など皆さんと共有できると嬉しいです。