シンクの食器用洗剤かごを外してよかった事

キッチンのシンクに取り付けてある食器用洗剤を入れるかご。
便利ではありますがこまめに掃除しても必ず裏に黒カビが生えてしまいます。
それがストレスで、この度外すことにしました。

ワンアクションで外れるのですが、それさえが手間で掃除がしにくい場所でした。
思い切って外したので洗剤とハンドソープのおうちを新しく準備しました。

 

スポンサーリンク

カウンターキッチンに洗剤かごを設置

そもそもキッチンカウンターはDIYでリメイクしています。
と言っても木材をT字に組んで設置しただけの簡単なものですが、これが本当に役立っています。
そのカウンター裏に100円均一でおなじみセリアのアイアンバスケットを取り付けました。
男前インテリアにピッタリの雰囲気のワイヤーでなおかつ錆びない(多分)加工が気に入っています。

seria(セリア)
ブラックのワイヤーバスケット。
ミディアムサイズ。
持ち手は簡単に外れますので外しました。

持ち手が付いていたところにビスを差し込んでカウンター裏に固定。

 

食器用洗剤かごを外してよかった事

水はねが起きる部分にあった洗剤かごをカウンターに設置することで黒カビが発生することがなくなりました。
掃除の手間が一つ減ってすごく嬉しいです。

合わせてスポンジはソープディッシュに置いていたのですがこれもやめました。
ソープディッシュがあることでスポンジを濡れたまま甘んじて置いてしまう。
それが理由で水分が石鹸置きにたまり臭いが発生する。
そんな悪循環でしたので撤去しました。

洗い物をこまめにして、洗剤が沢山残っていても必ず水ですすいで絞り新しい洗剤カゴにしまう。
そう決めたことで衛生的に清潔に保つことが出来てるようになりました。

 

広く感じるキッチン

もともとあった洗剤かごが食器洗いの時の目線から少し外れた事と、スポンジを置くソープディッシュがなくなったことでキッチンが広く感じます。
(スポンジ置きは写真には写っていませんが水道の右横に白いダイソーの物を置いていました。)

BEFORE
シンクに洗剤かごがある時

AFTER
カウンターボードに洗剤かごがある時

ほんのちょっとの変化ですが主婦にとっては嬉しいです。
掃除場所が1つ減るだけで家事の時短になります。
自分が使いやすいようにDIYでリメイクできるカウンターキッチンの自作はとってもおすすめです。

カウンターキッチンのリメイクについてはこちら⇒
カウンターキッチンの作り方

 

スポンサーリンク

お掃除のしやすい環境に

片付けやお掃除が苦手だというかたはお掃除しやすい環境を作ると案外毎日綺麗にする習慣が付きやすいです。
使いやすさは人それぞれ。。
一度キッチンでご自身の導線と物の配置を見直してみませんか?

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



About diycaferoom 113 Articles

100均やIKEA、タイガーコペンハーゲンなど安価で可愛い男前雑貨と、diyでカフェのようなお部屋作りを目指しています。ナチュラルと男前の中間地点でシンプルカッコイイ雰囲気。作り方やアイテムの詳細など皆さんと共有できると嬉しいです。