超お得な「ふるさと納税」のザっとした流れ

去年からふるさと納税を始めました。
実際にやってみるまでは「2000円でお得にいろいろもらえるよ」と言われても手続きや、収入を調べたり返礼品を調べる面倒くささが勝ってしまっていて。

右から左へ「へぇ~、ふーん」と聞いてしまっていたのですが、やってみると本当にお得で、何よりも楽しかったので・・・。
私みたいな人のためにふるさと納税の良さ・ふるさと納税の仕方についてもブログに書いてみることにしました。

 

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のこと。
住んでいるところに関係なく自分が応援したい自治体に寄附がきます。

寄附金の控除上限額は収入や家族構成により異なりますが、控除上限額内であれば実質負担額は2000円のみで、それ以外は全額控除されるため、2000円でいろいろな自治体から返礼品を戴くことが出来ます。

 

 

確定申告

サラリーマンの方は確定申告をする必要がありませんよね。
ふるさと納税をしたために確定申告をしなくてはいけなくなるのは面倒です。
なので、そんな人のためにワンストップ特例制度があります。

ワンストップ特例制度を使うと5自治体までしか寄付をすることが出来ません。
その代わり確定申告をする必要もありません。

 

返礼品の種類

返礼品の種類は実に幅広いです。

  • 果物
  • お酒
  • チケット
  • バッグ

など自治体によって様々です。
寄付をするお金をその自治体にどう使ってもらうかもある程度こちらで選べるのが良いです。
さとふるのHPにいくと様々な返礼品が見つかります。



ふるさと納税 フルーツ特集

 

 

ざっとした流れ

私のように面倒なんじゃないの?って思っている方に向けて、
ざっとした流れを書いておきます。
家族構成はサラリーマンの夫と専業主婦をモデルにしています。

 

  • さとふるに登録
    (楽天とかでもOKですが私はふるさと納税といえば「さとふる」ということで郷古に登録しました。)
    (世帯主、つまり夫の名前で登録します。カードの支払いも夫名義のものを必ず使います。)
  • 寄付できる上限の金額をチェック
    (源泉徴収票を旦那様に持って帰ってきてもらいましょう。さとふるのページでチェックできます。)
    (初めてだし住宅ローンの控除もあるので、ギリギリを狙わず上限よりだいぶ少ない額で寄付しました。)
  • ワンストップ特例を使いたいので寄付する自治体は5つまでで選んで寄付する。
  • 数日~数週間で「寄付ありがとう」の書類とワンストップ特例申請用紙が自治体より届きます。
    (まれに用意してくれない自治体もあるのでその場合は自分でプリントアウトします)
  • 書類に必要事項を記載(簡単) 捺印し、マイナンバーカードや身分証のコピーと一緒に自治体へ発送。

 

こんな感じでした。
自治体によって返送する書類に切手付きの封筒を入れてくれるところや、
切手だけは自腹のところ。

書類さえ送ってくれないところなど・・・・。
様々で面白いです。

とはいえ思っていたよりはるかに簡単にできたふるさと納税。
返礼品も届き始めてとても楽しいです。

返礼品などについてはまた別のお話でご紹介します。

 

さとふるでふるさと納税を始めてみませんか?



ふるさと納税 フルーツ特集

スポンサーリンク



IKEA商品を使った収納アイディア(画像をクリックでイケア特集へ)




About diycaferoom 196 Articles
100均やIKEA、タイガーコペンハーゲンなど安価で可愛い男前雑貨と、diyでカフェのようなお部屋作りを目指しています。ナチュラルと男前の中間地点でシンプルカッコイイ雰囲気。作り方やアイテムの詳細など皆さんと共有できると嬉しいです。