物の使い方を柔軟にして片付いた部屋に

 

例えば赤ちゃんのおしりふきはその名の通り赤ちゃんのおしりを拭くものです。
ですが、もし余ってしまったときにはウェットティッシュの要領で手を拭いたり、掃除に使ったりすることが出来ますよね。

そんな風に物を代用して、部屋を片付けようというお話です。

 

スポンサーリンク

ハンドタオル

例えばハンドタオル。
私はあまり使いません。
お出かけに1枚バッグに入れていきますが、お気に入りばかり使ってしまいます。

そして、我が家には沢山ハンドタオルがあります。
お土産などでいただくことが多いので、新品のタオルを引出しいっぱいに持っています。
でも使わないので減らない。
またいただいてむしろ増える。

この負のループが続いていました。

捨てるのももったいないし、申し訳ないので食器拭きに使うことにしました。

 

食器拭きに代用

ふきんとして使うと、毎日使うしすぐ洗うので、いいころ合いで滅んでいきます。
そしてハンドタオルは正方形で小さめなので布巾かけにも収まり収納もとってもいい感じです。


おかげでだいぶハンドタオルのストックが減りました。
手持ちのハンドタオルがいい感じになくなってきたら、キッチンに合わせたモノトーンのタオルを用意しようと思っています。

 

たくさんあって代用できそうなもの

こんな感じで、なかなか捨てられないけれど使わない物があればどんどん代用して使えばよいと思います。

  • マグカップを花瓶に
  • 紙袋をブックカバーに
  • 紙袋をゴミ箱に

私はスタバの紙袋はなぜか大事に持ち帰ってしまいます。
使うわけでもないので、ブックカバーにしました。
ブックカバーは定期的にくたびれるので、手持ちの紙袋もなくなり、スッキリしました。

また、我が家のトイレにはサニタリー用のゴミ箱は設置していません。
その代わり、必要な時には紙袋をゴミ箱として代用しています。
捨てるときも紙袋ごと捨てられるし、楽ちんで衛生的です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

人それぞれものは違うと思いますが、沢山あって処分に困っているようなアイテムがあれば違った使い方を出来ないか考えてみてください。
そうすることで箪笥で寝ていた者たちが息をし始めます。
物は使ってこそです。

買いっぱなし、もらいっぱなしにするのではなく、それぞれに役割を与えて、循環させていくとお部屋も知らず知らずのうちに片付いていくと思います。

捨てる習慣も大切ですがまずは使う習慣をつけたいですね。

断捨離系のお話は次の記事をご覧ください⇒

キッチンの片づけ 食品ストックを見直す時期

捨てられない人必見の散らからない極意

 

 

 

 

スポンサーリンク

関連コンテンツ



About diycaferoom 113 Articles

100均やIKEA、タイガーコペンハーゲンなど安価で可愛い男前雑貨と、diyでカフェのようなお部屋作りを目指しています。ナチュラルと男前の中間地点でシンプルカッコイイ雰囲気。作り方やアイテムの詳細など皆さんと共有できると嬉しいです。